• TOP
  • >
  • その他
  • >
  • オブジェクトのZ値(奥行き)を変更する

オブジェクトのZ値(奥行き)を変更する

CCLayerなどのオブジェクトを設置する際に、以下のコードを使います。


this->addChild(sprite,5);

addChildメソッドには3つ引数が指定出来ます。
  • 引数1:設置するオブジェクト
  • 引数2:Z値
  • 引数3:オブジェクトのタグ

このようにオブジェクトを設置する際に、z値(オブジェクトの奥行き)を設定出来ます。
z値が大きいほど、オブジェクトは手前に設置されます。
Study cocos2dx 0724

Z値(奥行き)を変更する

一度、設置したオブジェクトのZ値を変更するには、以下の様なコードを書きます。

 this->reorderChild(sprite, 2);


reorderChildメソッドを使い、新しいZ値を指定します。
これを使えばゲームの途中で、オブジェクトの奥行きを自由に変更することができます。

グローバルZオーダー cocos2dx3.x

coocs2dxのバージョンは3.xから、親子関係なくz値が指定てきるようになりました。

sprite->setGlobalZOrder(10.0f);

            

経営育成ゲーム「わたしの動物園」をリリースしました!

cocos2dxを使って作成したアプリを作成しました。
無料で遊べますので、ぜひゲーム作りの参考にしてみて下さい!

【Sponsored Link】

更新履歴